Coupe du Japon MTB 朽木レースレポート!!

岡本選手から朽木レースレポートが届きました。今週末の八幡浜国際にも注目!!


毎年恒例となったゴールデンウィーク開催の朽木でのレース。コースはとにかく登りが長くフィットネス勝負という意味では冬季練習の成果が出るこの大会。

シーズン初戦ということもあり、準備が上手くいかず、気がつけばレーススタート30分前。やばいと思いアップを始めるものの、補給の準備をしておらず、準備をしてアップするが、8分行なった所で召集が始まった。

スタートコールは2番手。のんびりしている場合ではなく、ドタバタとしながらスタートに並んだ。

アップなんて言葉は今日の私には無かったが、スタート位置は良い所を取れるためスムーズにスタート。最初の登りからまったく体が動かない。わかってはいたがここは我慢のしどころだった。最上部に上がった頃には25番手あたりいただろうか、もっと後ろだったかもしれないが。その後2週目、3週目とスタートラップからまったくタイムが落ちていない周回が続き一気に挽回。ペースもそこまで辛くは感じておらず、追撃体制が整った。

降りも、ロックセクションや九十九折等冷静にこなせていたので悪くは無かった。

しかし、4週目で腰痛が出始めペースダウンを余儀なくなれた。追撃体制が整った中での腰痛は辛かった。体から力が抜けて行く感覚で、バイクが前に進まなかった。6週目には少しマシになったものの、時すでに遅し。ゴールで終わった。気がつけば23位という結果で毎年同じような位置だった。

本当に朽木は苦手だとつくづく感じたが準備の足りなさなどが浮き彫りになり、今後のシーズンの為には良いレースともなった。

次戦は八幡浜国際です。しっかりとポイントを取れるように望みます。


https://instagram.com/p/BiY8vxqBXb9/